山汐丸


Join 100% Free - Webcams/Chat


山汐丸

山汐丸に400名近くの人達が乗船しており、父も乗船していました。 山汐丸が横浜港から進水しようとした時に空襲されて沈没してしまいました。 その後、横浜港で運良く泳いでいた父とまかないさんが助けられたそうです。

山汐丸 : definition of 山汐丸 and synonyms of 山 …

山汐丸(やましおまる)は、日本陸軍の特2TL型の2番艦。. 艦歴. 山汐丸は1944年(昭和19年)9月11日に三菱重工業 横浜船渠で起工され、11月14日進水、1944年(昭和19年)9月11日に竣工した。 しかし使用の見込みが無いため貨物船への改造が決まり、待機中に1945年(昭和20年)2月17日の空襲により …

http://dictionary.sensagent.com/%E5%B1%B1%E6%B1%90%E4%B8%B8/ja-ja/

山汐丸 – tokusetsukansen.jpn.org

19.07.19:起工 19.11.14:進水、命名:山汐丸 20.01.27:竣工 20.02.17:擱座 喪失場所:三菱重工業株式會社橫濱造船所 喪失原因:米機の空爆 同型船 (2TL型戦時標準船) * 特2TL型と称される飛行甲板を備える(予定の)ものは本船と千種丸でした。 …

http://www.tokusetsukansen.jpn.org/J/A102/A102_001.htm

天翔艦隊南氷洋分遣隊 特2TL型山汐丸の戦後

Naval History and Heritage Commandより、1945年9月撮影の特2TL型山汐丸。同年2月17日、第58任務部隊艦上機による空襲で被爆着底したようだ。着底した山汐丸(Naval History and Heritage Commandより) 沈没場所は横浜港内とあるので探してみたところ、どうやら現在の瑞穂埠頭であるらしい。国土地理院の地図 …

http://tensyofleet.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

幻の大日本帝国版「護衛空母」量産計画について …

6番船「千種丸」は、昭和20年1月に建造中止・貨物船への再改造されることになりますが、「山汐丸」と同じく米海軍機動部隊の攻撃を受け擱座し終戦を迎えます。昭和23年に擱座した状態で大洋漁業が買い取り浮揚に成功します。

https://ameblo.jp/vesselturedure/entry-12569823867.html

ぽっ~んと独り言 陸軍空母 「山汐丸」の錨

山汐丸は三菱横浜造船の第四号船台で建造され、昭和19年11月14日16時05分に進水し、昭和20年1月27日に竣工。

http://likesmbike.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html

1/700 日本陸軍 護衛空母兼油槽船 山汐丸

山汐丸

メーカー:ファイブスターモデル 第二次戦時標準船の中の大型油槽船である2tl船を改装して、船団護衛用の対潜哨戒機を運用できるようにしたもので、1945年1月に竣工しました。翌月には米軍機による空襲で大破・着底して終戦を迎えました。 キットの主要パーツはレジンで、他に飛行甲板を …

https://fleetnet.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=12663

陸軍航空母艦 日本陸海軍機入門 – nobody.jp

山汐丸はほぼ完工常態であったが、1945年1月時点ではこのような船を使用するあてもなく、横浜港内に係留されているときにアメリカ機動部隊の艦載機の攻撃を受け(1945年2月17日)船尾に直撃弾1発を受けたものの沈没には至らずそのまま終戦を迎えた。

https://rikukaigunki.nobody.jp/kuubo/rikugun.html

陸軍護衛空母「山汐丸」を偲びし史跡(横浜)

山汐丸 (陸軍護衛空母) 横浜みなとみらい地区の片隅に赤さびた大きな錨が展示してある。. 山汐丸の錨 昭和19年に三菱重工業横浜船渠で2TL型タンカー5番船として起工された本船は昭和20年1月27日に竣工。. 形式上は民間船であったが陸軍指揮下で船団護衛艦兼用輸送船として運用予定であった。. しかし既に南方航路も閉ざされており就役を待たずに石炭炊き貨物船 …

https://senseki-kikou.net/?p=175

ぽっ~んと独り言 陸軍空母 「山汐丸」の錨

山汐丸に400名近くの人達が乗船しており、父も乗船していました。 山汐丸が横浜港から進水しようとした時に空襲されて沈没してしまいました。 その後、横浜港で運良く泳いでいた父とまかないさんが助けられたそうです。

http://likesmbike.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html